モビット審査

MENU

モビットの契約は住宅ローンの借入に影響しない?

住宅ローン

 

キャッシングは、急にお金が必要な時や、今月ちょっとだけ使い過ぎたという時に便利なツールで、多くの人が利用しています。

 

もちろん「モビット」の利用者も多いのですが、「モビット」を利用していると、住宅ローンを組めないという事を聞いた事があると思いますが、実際のところはどうなのでしょう。

 

現在モビットで借入がある人は

一般的に、住宅ローンの審査は、「モビッ」トなどの消費者金融会社からの借入れがあるということは、やはりプラスにならないのは確かなようです。年収と借入れのバランスや、借入れの件数などから判断されることですが、すでにお金を借りている人に、さらに多額のお金を貸すのは危険と考えられます。

 

ですから、住宅ローンを組みたい時は、現在の借入を一旦完済し、契約解除をしておけば心配ありません。すでに契約解除したという履歴がある時、その履歴をどう見るかは銀行によって分かれるようです。

 

消費者金融会社からお金を借りた事自体、マイナス評価される事もあれば、借りたお金を完済していれば、貸したお金をしっかり返せる人であると評価する場合もあるようです。

 

総量規制と住宅ローンの関係

総量規制というのは、貸金業法で消費者を保護するために作られた法律で、具体的には、貸金業者はその顧客の年収の3分の1以上の金額を貸付けてはいけないという法律です。

 

総量規制があれば住宅ローンのような高額融資は出来るの?という疑問がわきますが、総量規制が適用されるのは消費者金融やクレジット会社になります。ですから、銀行で住宅ローンを組む時は、返済比率を用いますが、総量規制が影響する事はありません。

 

ただし、注意が必要なのは、住宅ローンの審査は返済比率(収入に対してどれだけの返済があるか)を見ていますのですべての返済が対象になり、その比率が高くなると融資が受けられません。

 

ところが、総量規制には「不動産購入または不動産に改良のための貸付け(そのためのつなぎ融資を含む)」については、総量規制の貸付残高、つまり申込書の記入に記載する「他社借入状況」には含めなくても良い事になります。つまり、キャッシングの申込には住宅ローンは関係ないのですが、住宅ローンはキャッシング借入も含めていくらまで貸せるかを計算する事になります。