モビット審査

MENU

仮審査に通っても本審査に通るとは限らない

三井住友銀行グループの「モビット」は幅広い階層の方が利用している消費者金融です。「モビット」を利用している人は正社員だけでなく、パートやアルバイト、派遣社員、自営業の方など、就業形態に関係なく利用されている消費者金融です。

 

「モビット」を利用するにあたって「仮審査」と「本審査」を通らなくてはなりません。

 

モビットの仮審査

モビットの審査は、大きく分けて仮審査と本審査というものに別れます。仮審査は、本人確認書類を基にした審査となることが多く、ここでふるい落とされるのは、記入漏れや記入ミスがあったり、住所不定者や、情報の確認が取れなかったりする人のみが落とされます。

 

仮審査は、まず落とされることがないといってもいいぐらいの簡易審査で、問題は、この仮審査を通過したあとに行われる本審査です。本審査は申込者それぞれの具体的な考査に入りますが、仮審査の様な簡易的なものではないので、仮審査に通って本審査で落とされたという事もあります。

 

モビットの本審査

キャッシング会社の審査内容は企業によって違いがあります。ある消費者金融では、利用者の過去の返済実績を優先する審査であったり、金融トラブルの有無を最優先したりします。

 

またあるキャッシング会社では、返済能力を年収ではなく、勤続年数と考えている場合などがあります。つまり契約者の信用を何で図るかは、金融業者ごとに微妙に違ってきます

 

審査の時に何を最優先しているかをある程度事前に判断することも可能です。それぞれのホームページ内に、簡易診断がありますが、その中の入力項目が最も重視されるものと思ってよいでしょう。

 

「モビット「の場合は、生年月日、現在の収入、他の金融業者からの借入額を記入するように求められていますが、職業や勤続年数は求められません。つまり、モビットの本審査で重要な意味合いを持つのは、収入が具体的にいくらなのか、また、現在他社の借入がいくらあるが重要で、正規雇用か非正規雇用なのかは問題にしていません。

 

「モビット」の本審査に通るためには、ある程度の年収があり、他社借入件数や借入金額が影響してくると考えて、それらで不利にならないだけの属性が有る事になります。